医療費をカードローンで支払うことについて

病気などにより入院費用などの医療費を支払うことを考える場合、
カードローンでの借金により支払いを考える人もいますが、
その前にできれば公的保険での対応を考えることができるため、
まずはそれで対応を考えるべきであるとされます。

国保なら高額療養費制度を活用

特に国民健康保険いわゆる国保であれば高額療養費制度が使えますので、
直近の所得に応じた自己負担額の上限額を定めていますから、
負担額を抑えることができます。

医療費の支払いを借金で行うことが悪いわけではありませんが、
将来的な負担を考えるとまずは高額療養費制度もあるわけですから、
そちらで対応を考えるべきです。

後日還付という場合の多い社保

また、社会保険いわゆる社保の場合にはいったん支払った医療費を後日還付する
という対応をとるところも多くありますので、そちらで対応を考えるべきであるとされます。

いったん支払いの時には、すぐに現金が用意できるカードローンで対応して
還付がなされればそのお金でそのカードローンを返済する
ということも考えることができます。

ただし、借りている期間がそれほど長いとは考えられませんが、
2、3か月程度は還付まで待たされますので、
利息が無料の期間があったとしてもそれを過ぎてしまうと
その間は利息が付いてしまうことに留意が必要ですし、
毎月一定額の返済が必要なことも留意しておく必要があります。

医療費は他にも民間の保険に入っていれば
そちらでカバーすることができますので、
公的な保険やこうした民間保険もセットで活用しながら
支払いを考えていく必要があります。