消費者金融が求める定職とは?

始めて消費者金融からお金を借りる時にみなさん
疑問に思い浮かべる共通点として上げられるのが
「定職」があるかどうか。

これは注意書きにもよくありますが気になりますよね。

スピード重視で借りたい大口融資 で借りるぞ!と思う前に、まずは基本中の基本ですが大事なことですので、全くお金を消費者金融から借りたことがない という人は是非お読みください。

定職というと、世間的には正社員で毎月安定収入があり
長く仕事を続けているというのがイメージに合う人が多いと思います。
もちろん正社員で何年か同じ仕事をしている方であれば
希望金額の大きさにも左右されますがまず審査に通らないということは
ないでしょう。

消費者金融が求めている定職とは一言でいえばそういった方が
一番嬉しいのでしょうが、なにも正社員でなくとも利用は可能です。

アルバイトで毎月10万円の収入の人だって借りれることはできます。
総量規制の観点から考えると年収120万ですから、40万円までは
借りることができる計算になりますね。
勿論アルバイトの方と同様にパートの方でも大丈夫です。

結局借りることのできない属性って?

借りることのできない属性の人は「無職」の方になります。

無職ではないなにか仕事をしている方でも
その他の審査基準で借りることができないこともあり得ますが、
無職の方で配偶者もおらず、収入が全くない場合は
残念ながら審査に通る確率は0%といって良いでしょう。

考えてみてください。
消費者金融はお金を貸して、金利で収益を立てているわけですから。
お金は基本的に仕事をしないと生まれないですよね。
だから無職ですと貸してくれるところはほぼないという形になります。

審査にはそれほど怖気づく必要はありません。

そういったことを考えると、
きちんと一定の収入があれば審査に怖気づくことはしなくていい。
という考えになると思います。

もしも、借りる前の審査が怖いと思っている方、
あなたには安定収入がありますか?

もしあれば全然怖いものでもありませんし、
審査自体は無料なので安心して下さいね。